FBA納品可能な箱サイズと重量制限とは?

FBA納品をする場合には、1個当たりの送料を安くするために1つの箱に出来るだけ多く商品を入

れて送るわけですが、いったいどのくらいの大きさの箱で重量はどのくらいまでいけるのでしょう

か、意外と知らないセラーさんが多いのでここで書いておきます。

 

米国のFBA倉庫が受取りをしてくれる箱のサイズは下記の通りです。

●スタンダードサイズの商品の場合
・箱の1辺が63.5 cm以下

・箱の重さが22.68 kg以下

※米FBAの受け入れ重量は、22.68 kg以下

となります。

 

●大型サイズの商品の場合

・ボックスは、彼らが22.68 kgを超えて一つの特大のユニットが含まれていない限り、22.68 kg

の標準重量制限を超えてはなりません

・1個で22.68 kg以上の場合は「Team Lift」のラベルを上と横に添付します。

・1個で45.36 kg以上の場合は「Mech. Lift」のラベルを上と横に添付します。

 

※参照記事はこちらから↓

⇒amazon.com Seller CentralのHelpを参照

 

箱の間違いを起こさないようにするには、制限内に収まるぎりぎりの箱を見付けておいてその箱を

必ず使用して納品をすることです、毎回送る箱を変えたりしていると間違える可能性が高くなって

しまいます。

 

下記の箱はどちらも3辺の長さではOKですが、右側の箱は、1辺は63.5cmを超えているので

使えません。

 

例えば、具体的に箱で見てみると良くわかります。

          ×

600×410×580     845×450×300

3辺合計 159cm             3辺合計  159.5cm

最長部分 60cm 使用可能         最長部分  84.5cm 使用不可

 

箱には色々なサイズの箱があります、3辺の長さはそれぞれ違っていますが、入れる商品によって

入れやすい、入れにくいがありますので、制限サイズ内に合致している箱の種類をいくつか用意し

ておくと発送がよりやり安くなると思います。

 

 

関連記事

運営者プロフィール

ziko.jpgサイト運営者 うりぼう 50歳7年前に新会社を設立。自力で輸入を始め1億12,703,049円を売り上げる。4年前からネットビジネスに参入。Amazon輸出ビジネスにも本格参入し始め有料ツールなどを一切使わず3週間で10万を突破。ちなみに英語はほとんどできません。     
⇒詳しいプロフィールはこちら

FBA初心者講座

Amazon輸出 入門編

Amazon輸出ビジネスの始め方や基本知識、業務をわかりやすく解説している無料マニュアル
amazonマニュアル
【マニュアルの内容】
・アカント開設
・出品方法
・送料設定、値付け方法
・受注、発送方法
・管理画面の使い方
・免税書類W-8BEN提出
・返品、返金について
・売上金受取り口座登録
・アカントを守る基準 
⇒ダウンロードはこちら

売上金受取り口座

Amazon輸出の売上金受取り銀行口座の開設のやり方を開設した無料マニュアル
WorldFirst口座開設
1,売上金入金時の手数料なし
2,口座維持管理費はなし
3,レンタルではなく自分名義
⇒直ダウンロードはこちら

海外輸出人気ブログ

ページ上部へ戻る