FBAの送料の仕組みを理解して損をしないようにする方法

実は、Amazon輸出のFBA納品代行業者の違いを上手く利用して送料を安くする方法があります。

Amazon輸出のFBA納品の送料計算方法には、2種類の計算方法があり、そして、それは納品の

仕方によって違って来るのですが、結構知らないセラーさんが多いようです。

 

Amazon輸出のFBA納品代行業者には2つの種類がありそれぞれ送料計算が違っています。

①、日本のFBA納品代行業者の倉庫から、Amazon米国のFBA倉庫へ納品する方法

この場合は、自宅 ⇒ 日本の納品代行業者 ⇒ Amazon米国FBA倉庫となります。

 

②、米国のFBA納品代行業者の倉庫から、Amazon米国のFBA倉庫へ納品する方法

この場合は、自宅 ⇒ 米国の納品代行業者 ⇒ Amazon米国FBA倉庫となります。

 

この2つのが発送方法の違いで気を付けなければいけないことは、送料計算方法の違いです。

①、重量計算で送料が決まる

②、重量か容積重量のどちらか大きい方で送料が決まる

ということになります。

 

まず容積重量の計算とはどのようにして算出するかですが、

容積重量=縦cm×横cm×高さcm÷5,000㎤/kg(0.5kg単位は切り上げ)

の計算式で算出します。

DHL容積重量シュミレーション

容積重量

 

例えば、②の計算方法を具体的にどのようになるかと言うと、

 

実重量 5Kg

ダンボール箱  高さ30cm 横40cm 奥行 25cm

だったとします、この場合の容積重量はどうなるのかと言うと、

容積重量=30cm×40cm×25cm÷5,000㎤/kg=6kg

 

となります、よってこの場合、5kgではなく6kgで送料が計算されるというわけです。

この場合には、①の方法でFBAに納品した方が安くなるということになります。

 

特に無在庫販売しか知らなかったセラーさんには、容積重量という言葉は全然関係ないので、全く

なじみが無いと思います、しかし、FBA納品を代行業者を使って行う場合には、利用する代行業者

によって送料の計算方法が違ってきますので、正しく理解して損をしないようにして下さい。

 

これを知ってしるのと、知らないのでは納品を繰り返し行うわけですから利益にじわじわと影響し

て来ることになります、海外に荷物を送るのに1Kg違うと送料はかなり違って来ます。

少しでも利益を最大化し、リスクを最小化する事を考えて行くことが必要ですね。

 

関連記事

運営者プロフィール

ziko.jpgサイト運営者 うりぼう 50歳7年前に新会社を設立。自力で輸入を始め1億12,703,049円を売り上げる。4年前からネットビジネスに参入。Amazon輸出ビジネスにも本格参入し始め有料ツールなどを一切使わず3週間で10万を突破。ちなみに英語はほとんどできません。     
⇒詳しいプロフィールはこちら

FBA初心者講座

Amazon輸出 入門編

Amazon輸出ビジネスの始め方や基本知識、業務をわかりやすく解説している無料マニュアル
amazonマニュアル
【マニュアルの内容】
・アカント開設
・出品方法
・送料設定、値付け方法
・受注、発送方法
・管理画面の使い方
・免税書類W-8BEN提出
・返品、返金について
・売上金受取り口座登録
・アカントを守る基準 
⇒ダウンロードはこちら

売上金受取り口座

Amazon輸出の売上金受取り銀行口座の開設のやり方を開設した無料マニュアル
WorldFirst口座開設
1,売上金入金時の手数料なし
2,口座維持管理費はなし
3,レンタルではなく自分名義
⇒直ダウンロードはこちら

海外輸出人気ブログ

ページ上部へ戻る