Amazon輸出 FBA商品の返品対応方法

Amazon輸出ビジネスでは、FBA出品にしても無在庫出品にしても返品と言うのは避けては通れま

せん、ましてや海外では、そもそもが返品には寛容な部分があります。

 

そこでFBAのリスク対応の1つであるFBA商品の返品対応について説明しておきます。

 

「FBA出品した商品が、もし返品されたらどうすれば良いのか?」です。

 

FBA商品が返品された際はまず「再販可能なのかどうか?」でその後の対応が決まります。

①返品された商品が再販可能な場合  ⇒ 再度在庫に戻されて販売されます
②返品された商品が再販不可能な場合 ⇒ 返送又は破棄をお願いする
ということになります。

 

FBA商品の返品理由を確認する

FBA商品の返品理由はセラーセントラルからFBA商品の返品理由の確認が出来ます。

この返品理由を知ることによってどのように対応すれば良いのかの判断が可能になります。

 

【FBA商品返品理由の確認方法】

「Amazon Seller Central」⇒「Reports」⇒「Fulfillment」⇒「Customer Concessions」

⇒「Returns」⇒「Event Dateで確認したい期間を指定」⇒「Generate Report」をクリック

 

このレポートで「Disposition」「Sellable(再販可能)」と表示された商品はもう一度在庫に

戻されて再度販売がされます。

 

「Unfulfillable」と表示されているものは「再販不可の状態の商品」になります。

 

ここで返品の理由を確認します、

・商品が破損していたのか?

・顧客が受取る前に返品されているのか?

などです、この理由を確認すればどのような対応をすれば良いかの判断が出来ると言うわけです。

 

【Amazonで再販となった場合の注意点】

再販が可能になった場合でもAmazonのコンディション確認が甘いと、次に購入された顧客が商品

を受け取った時に中古商品ではないのかと言われてしまうケースが出てきます。

 

なので、これを避けるには日本に一旦戻して、自分の目で状態を確認して、新古品として販売した

方が資金を回収出来る可能性が高いわけです、そこはやはりセラーさん自身の戦略によるので良く

考えてから判断をするようにして下さい。

 

再販不可能な場合の対応方法

再販が不可能な場合には、下記の2つが対応方法になります。

①返送をお願いする

②商品の破棄をお願いする

 

【①返送をお願いする場合の対応方法】
日本への直接返送が出来ないので、一旦米国の返品先で登録している住所に返送されます、そこか

ら日本に向けて送られることになります。

 

【②商品の破棄をお願いする場合の対応方法】

「Amazon Seller Central 」⇒ 「INVENTORY」 ⇒ 「Manage Inventory画面を表示」 ⇒

「該当の商品のEditボタン横の矢印をクリック」 ⇒ 「Create removal orderを選択 」⇒

下記の依頼画面が出て来ます。

FBA破棄依頼方法1

①米国の返品先に返送する場合

「Method of Removal」の「Ship To Address」を選択 ⇒「返送先の米国の住所を入力」

 

破棄する場合

「Disposeを選択」⇒「Unfulfillableの欄に破棄の個数等を入力」⇒「Continueをクリック」

FBA破棄依頼方法2

 

破棄及び返送にかかる費用

返品商品の破棄及び返送には費用がかかります、無料でやってくれるとうわけではありませんので

注意して下さい、と言ってもそんなに高い料金ではありません。

種 類 スタンダードサイズ  オーバーサイズ
返 送  $0.50 $0.60
破 棄  $0.15  $0.30

 

またいちいち破棄の指示を出すのが面倒だと言うセラーさんには「自動破棄の設定」が出来ます。

ただし私はあまりお勧めしません、やはりせっかく仕入れた商品です、何とか最後まで少しでも良

いのでお金に変える方法を考えるべきだと思います、そう言う部分の積み重ねが意外に大きいです。

 

【自動破棄の設定方法】

私はお勧めはしないのですが、一応その設定方法を書いておきます。
「Amazon Seller Central」⇒「Settings」⇒「Fulfillment by Amazonページ」で、

「Automated Unfulfillable Removal SettingsのEditをクリック」⇒「Enable(有効)」

選択して「Update」すると設定完了になります。

 

以上がFBA商品が返品された場合の対応方法になりますが、何が一番損失を最小限に出来るか?と

言うことを考えておけば、損失は最小限に抑えることが出来ます。

 

しかし、ここを適当にやっていると結構な損を出してしまうとうことになりますので、しっかり

対応をしましょう!!

 

関連記事

運営者プロフィール

ziko.jpgサイト運営者 うりぼう 50歳7年前に新会社を設立。自力で輸入を始め1億12,703,049円を売り上げる。4年前からネットビジネスに参入。Amazon輸出ビジネスにも本格参入し始め有料ツールなどを一切使わず3週間で10万を突破。ちなみに英語はほとんどできません。     
⇒詳しいプロフィールはこちら

FBA初心者講座

Amazon輸出 入門編

Amazon輸出ビジネスの始め方や基本知識、業務をわかりやすく解説している無料マニュアル
amazonマニュアル
【マニュアルの内容】
・アカント開設
・出品方法
・送料設定、値付け方法
・受注、発送方法
・管理画面の使い方
・免税書類W-8BEN提出
・返品、返金について
・売上金受取り口座登録
・アカントを守る基準 
⇒ダウンロードはこちら

売上金受取り口座

Amazon輸出の売上金受取り銀行口座の開設のやり方を開設した無料マニュアル
WorldFirst口座開設
1,売上金入金時の手数料なし
2,口座維持管理費はなし
3,レンタルではなく自分名義
⇒直ダウンロードはこちら

海外輸出人気ブログ

ページ上部へ戻る