米国版 せどりアナライザー FBA向けリサーチツール

FBA用のリサーチツールと言うのは、無在庫販売のツールとは違って、今現在売れている商品とい

うのが絶対的に必要な情報になります。

 

その「絶対的に必要な今現在売れている情報」をどのような方法で収集するのかということが重要

になるわけですが、ではこの「米国版せどりアナライザー」はどのようなツールなのか?

 

「カルーン輸出王」がAmazon米国のランキング変動にフォーカスして、売上を数値化して商品毎

の売上数量や出品情報や価格情報などの情報を収集するのに対して「米国版せどりアナライザー」

は、トップセラーにフォーカスして、その売れ筋商品情報を徹底的に収集するツールになります。

 

以下が2つのツールの具合的な違いです、どこにフォーカスをしているのか、何が違うのか、

収集出来る情報の違いは何かが良く分かると思います。

 

米国版せどりアナライザーとカルーン輸出王の比較

ツール名 情報の収集視点 取得出来る情報 メリット・デメリット
米国版せどりアナライザー トップセラーの売れ筋商品 ・出品者の商品一覧

・仕入れた商品

・売れた商品

・売上

・回転率

・最安値出品価格

・在庫の有無

・出品者数

・ランキング

・新品安値ギャップ

・レビュ―数

・データCSV出力

商品利益や送料関連データ

は取れないが、相場を無視し

て安値で出品されている商品

が発見出来る。

トップセラーの監視を常時自

動で行ってくれるためリサー

チの自動化が出来る。

カルーン輸出王 Amazonのランキング変動 ・Amazonの売上数量(1~6カ月)

・FBA最低価格

・FBA、無在庫のそれぞれの利益

・FBA出品者数、総出品者数

・商品のサイズ、重量

・FBA手数料

・在庫の有無

・Amazon販売の有無

・ランキング

・データCSV出力

今売れている商品を確実に見

付けることは出来るが、相場

を無視して出品されているうな

お宝的な商品は見付けらること

は出来ない。

ただ利益が出る商品なのかどう

かがすぐに判断が出来る。

 

「パワーセラーが出品している商品リサーチ」「モノレートを使った売れているリサーチ」を足

して自動化したのがせどりアナライザーです

⇒このリサーチ方法の詳細記事はこちらから

 

通常このリサーチ方法を行うには、Amazon米国の販売さ画面とモノレートツールを同時に開いて

1品づつ行なわなければいけません。

 

トップセラーを監視して売れている商品や仕入れた商品の売れ行きや新規に仕入れた商品を徹底的に

追跡しょうというのがこのツールになります。

このツールの最大の特徴は、自動でセラーを常時監視してくれるためリサーチの自動化が可能なる

事なのです、カルーン輸出王の場合には、自分で探さなければいけません。

しかし、米国版せどりアナライザーは、ツールが自動でデータの収集をやってくれます。

 

どっちが良いのかと言うと、正直両方やれば良いと言うことになるのですが、両方をやるのは時間

的に難しい部分も当然あるので、自分の考え方でどちらが良いか、どちらが使いやすいのかという

のがポイントになります。

 

米国版せどりアナライザーの使い方

①Amaozn米国の検索窓に「JAPAN IMPORT」と入力して検索

トップセラーリサーチ1

 

②日本人の出品商品が出てきます、Prime出品のされている商品を探します。

トップセラーリサーチ2

 

③売れていそうな商品やレビューの多い商品を選んでクリックします。

その商品をFBA出品しているセラーを探します。

出品者画面

 

④次に出品者の評価が高くて、total ratingsの数字が大きいFBA出品のセラーさんを探

して店名をクリック、そのセラーさんの出品商品のページが表示されるので、そのページ

のURLをコピーします。

米国セラーを探す

⑤そのURLを米国版せどりアナライザーに貼りつける

米国版せどりアナライザーに貼りつける

 

⑥そのセラーさんの分類情報などを入力してツールに登録

米国セラーの分類登録が可能

 

⑦セラーを登録したら実行ボタンを押す

セラー登録が済んだら実行ボタンを押す

 

⑧その出品者の出品商品データを収集します。

米国版データの収集

 

⑨そのセラーの出品商品データのリストが作成されます。

米国仕入れた商品、売れた商品リスト

 

⑩そのセラーさんの売れた商品や仕入れた商品の情報が表示されます。

米国売上、単価、回転率データもわかる

 

⑪1週間後、再度セラーリストを確認します、そうすると

売上、売れた商品、仕入れた商品などのデータが収集蓄積されています。

売上、売れた商品、仕入れた商品などのデータが収集蓄積

 

⑫監視しているセラーさんが新しく仕入れた商品や1週間の売上データなどが表示される。

新しく仕入れたデータ表示

 

⑬監視しているセラーさんの新しい商品データがどんどん蓄積されて行きます。

新しいデータが追加

 

安値ギャップ機能を利用して激安商品を刈り取る

Amazonの販売ページを見ているとたまに、相場を無視して安値で出品されている商品が見つかる

ことがあります。

 

これには色々理由があるのですが、出品が価格を間違っている場合や自動価格変更などのツールを

利用していたり、価格変更を忘れていたり、もちろん安く仕入れたからという場合もあるのですが

とにかく他の出品者と比較してもおかしい場合があるのです、その商品を刈り取って適正な価格で

出品し直せば良いわけです。

安値ギャップ欄は、最安値の価格と2番目に安い価格に

 

日本版せどりアナライザーと米国版せどりアナライザーをどう捉えるか?

Amazon輸出という視点から考えれば、米国にFBA出品するのなら米国版せどりアナライザーを使

うのが普通なのかも知れませんが、これでは当たり前すぎるので面白くありません。

 

そこで、あえて日本版せどりアナライザーを使って、Amazon日本で売れているセラーさんの商品

を監視して、儲かるのであれば、米国ではなく、Amazon日本に出品するという方法もあります。

また、日本でめちゃくちゃ売れているのに米国には出品されていない商品というのが実は結構あり

ます、これを見付けて米国に新規で出品するというのも良い方法です。

 

このやり方であれば、日本で売れていて米国で出品されていない商品というのを簡単見付けること

が出来るのです、日本で凄く売れている商品は海外でも売れる可能性が非常に高いのでこの辺りの

商品をFBAで出品してみるのも良いと思います。

 

最初からFBA出品が怖ければ、無在庫で出品してみるといいです、もし売れなくてもAmazon日本

で売れるので心配はいりません、在庫を持っていれば無在庫でも出荷が早いので売れ安いです。

 

このせどりアナライザーシリーズの最大のメリットは、リサーチの自動化です、実はFBAで一番多

い作業はリサーチです、そもそもFBA出品と言うのは自動化のようなものなので、リサーチまでも

自動化出来ればかなり楽で簡単になります、作業が極めて少なくなるので忙しい人でもやりやすい

と言うことですね。

 

せどりアナライザー米国版、日本版どちらも私から購入された方には特典をお付けします

【特典内容】

「Amazon輸出32個の特典」
      +
「個別コンサルサポート1ヶ月」
      +
「完全オリジナル商品出品マニュアル」

 

【うりぼうからの特別特典】

※これはメールサポートの中でお渡しいたします。

「FBA初心者向きの売れているカテゴリーや商品の具体例とその探し方」

「最安値商品を見付ける正しい方法」

 

「Amazon輸出32個の特典」

せどりアナライザー購入特典内容1

「完全オリジナル商品出品マニュアル」

せどりアナライザー購入特典内容2

※お申込時に、うりぼうからの特典表示があるか必ず確認して下さい。

せどりアナライザー米国版購入特典

※特典の受取りは、お申し込み後インフォトップの購入者画面から

ダウンロードしてお受取り下さい。

 

 

※特典付きでのお申し込みは、こちらから!!

↓  ↓  ↓

特典表示を確認して申し込む

 

 

 

関連記事

運営者プロフィール

ziko.jpgサイト運営者 うりぼう 50歳7年前に新会社を設立。自力で輸入を始め1億12,703,049円を売り上げる。4年前からネットビジネスに参入。Amazon輸出ビジネスにも本格参入し始め有料ツールなどを一切使わず3週間で10万を突破。ちなみに英語はほとんどできません。     
⇒詳しいプロフィールはこちら

FBA初心者講座

Amazon輸出 入門編

Amazon輸出ビジネスの始め方や基本知識、業務をわかりやすく解説している無料マニュアル
amazonマニュアル
【マニュアルの内容】
・アカント開設
・出品方法
・送料設定、値付け方法
・受注、発送方法
・管理画面の使い方
・免税書類W-8BEN提出
・返品、返金について
・売上金受取り口座登録
・アカントを守る基準 
⇒ダウンロードはこちら

売上金受取り口座

Amazon輸出の売上金受取り銀行口座の開設のやり方を開設した無料マニュアル
WorldFirst口座開設
1,売上金入金時の手数料なし
2,口座維持管理費はなし
3,レンタルではなく自分名義
⇒直ダウンロードはこちら

海外輸出人気ブログ

ページ上部へ戻る